本当に知りたい情報が見つかる!
高校生向け就職・求人サイトの決定版!

運営:採用と教育の株式会社プレースメント

求人詳細

登録ナンバー:007251

株式会社第一楼(だいいちろう)

電話番号:078-331-0031/FAX番号:078-331-0031/担当者:白崎 大介、松本 翔/募集年度:2021年度/Webサイトhttps://www.daiichirou.co.jp/

この求人にエントリーする

支援制度
  • 住宅手当
  • 教育体制あり
  • 資格取得支援あり
  • 職場見学可
  • インターンシップ実施企業

神戸の旧居留地にて73年の歴史を誇る北京料理店です

第一樓(だいいちろう)は、神戸の旧居留地にて、1947年の創業から73年に亘って営業を続けている北京料理店です。

「北京料理」とは、四大中国料理とされる北京料理、四川料理、広東料理、上海料理の中のひとつ。一般的には、歴代の中国王朝が首都として定めていた「北京」で発展した、貴族の宮廷料理や、市民の家庭料理を指していますが、当社ではその中でも「宮廷料理」をベースにした料理を提供しています。
季節の食材やフカヒレ、アワビなど一流の高級食材を用いている点が、その特徴。あっさりとした日本人好みの味わいですので、食べてみると、皆さんがお持ちの中華料理のイメージとはまた少し異なる印象かもしれません。

店舗の特徴は、6階建ての巨大店舗という点です。
450名様が利用できる大宴会場や、畳敷きの和室、少人数で利用出来る個室など、様々なタイプの部屋をご用意する他、チャペルや写真スタジオも完備。企業の懇親会や法事、結婚式、披露宴、ちょっとしたパーティーなど、多彩なニーズに対応しております。

創業以来、当社は「本物」にこだわり、一流の料理と最高のサービスを提供することで、すべてのお客様にとって「特別な場所」であることを目指してまいりました。
お陰様で「晴れの日」に利用する飲食店として、多くのお客様からご愛顧をいただけております。

そんな「第一樓」で、ぜひ一緒に働きませんか?

店舗の兵庫県神戸市の「旧居留地」と呼ばれる地域に所在。神戸の中心地である三宮駅からもほど近く、アクセスは良好です。

「調理師」として「人」として大きく成長出来る現場です!

募集するのは「調理師」。
その名の通り、第一樓の店舗にて調理に携わっていただく仕事です。

未経験、無資格からでも一流の調理師へと成長いただけるよう、当社では社員教育に力を入れております。
まずご入社いただきましたら、まずは調理師として大切な、「挨拶」や「5S(整理。整頓・清潔・清掃・習慣)活動」、「衛生管理」などを学んでいただきます。
その後は現場にて、実地研修。先輩社員が、現在制作中の独自の「育成カリキュラム」に沿った教育を施してまいりますので、確実な知識と技術を身に付けられます。

加えて当社で使用している食材は、どれも一流のものばかり。
料理人として最高の経験を積むことが出来ますよ。

また当社では、企業の成長は「人」であると位置づけ、調理の腕前や接客の技術だけでなく、「人間性」の教育にも注力。
ひとりひとりが広い視野を持ち、きめ細かなサービスを実現するだけでなく、社員同士がお互いに助け合えるような現場を目指しています。

仕事は「プロ」として高いレベルが要求されるため、厳しいことがあるかもしれません。しかし当社でしっかり学んでいけば、一流の技術が手に入ると共に、人間として大きく成長できることは請け合いです。

高校生の皆さんは、まだ仕事をすることに対して、明確なイメージを持っていらっしゃらない方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方はぜひ一度、「将来どんな人間になりたいか」を自問自答してみてください。
その目標の中に、「調理人として働きたい」、「人間性を高めたい」、「人に感動を与えたい」とった思いがある方は、きっと当社で大きく成長いただけます。
ぜひ応募を検討してみてください。

衛生面にも力を入れている点も、第一樓の自慢です。選ばれた人しか厨房には入れないようになっていますし、厨房の内外へ移動する際の服の着替えや調理時の手袋着用を義務化。社員は月に1回(11月~3月は月に2回)は検体を出すだけでなく、全従業員そして取引先様に至るまで体調チェックをお願いするなど、徹底した衛生管理に努めています。

「明るく、素直で、元気」な方なら、どんな方でも歓迎です!

当社が高校生の皆さんに求める条件は、多くありません。
知識も技術も人間性もすべて、第一樓の中で育んでいただけます。
ただし調理場で先輩たちから学び、成長していくためには、暗いよりは明るい方が良いですし、ポジティブな性格のほうがなにかと上手くいくでしょう。
そのため、次の素養をお持ちの方を、歓迎しております。

「明るく、素直で、元気」

遠方の方でも、まったく問題ございません。
勤務にあたってひとり暮らしが必要な場合は、新入社員の給与でも十分に生活が出来るよう、家賃の補助制度を設けております。朝と昼には「賄いの食事」も提供しておりますので、生活の心配はいりませんよ。

風通しの良い職場ですので、困ったことがあれば、なんでも相談できる職場です。
役員が進んで厨房の掃除に参加するなど、新入社員と上長が普段から話しやすい環境にあるので、いつでも声を掛けてください。

また当社では、日々の仕事に集中するには、従業員ひとりひとりが「自分の時間」を持つことも大切だと考えています。そのため有給休暇の申し込みがしやすく、希望が通りやすいを風土作りにも注力。
仕事とプライベートを両立させやすい環境ですので、日々リフレッシュしながら仕事に臨んでいただけますよ。

当社への応募をご検討いただけるようであれば、ぜひ会社見学にもお越しいただき、この記事に書かれていることが本当か、その目でお確かめください。
日程は事前調整いただければ、随時対応しております。
店舗の内外、厨房内など、入れるところはすべてご覧いただけます。

またインターンシップをお考えの方がいらっしゃいましたら、そちらの相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

現場では、10代から70代までは幅広い年齢層が働いています。全員が、新入社員の皆さんに「長く働いて欲しい」と考えており、面倒見の良い先輩ばかりですので、ひとりで放置されるようなことはありません。安心して学んでいける環境です。

先輩社員の声

須崎昭夫
料理長
時代や環境が変わっても、活躍できる料理人であってほしい

◆料理の道を選んだきっかけはなんですか?

我々華僑には“三把刀”という教えがあります。三つの刀に関わる職業、すなわち理髪店・仕立屋・料理人のいずれかの道で一人前になれば、どんなときも職にあぶれることがない、という意味です。実家は理髪店を営んでいましたが、私自身は料理に興味があったため、料理人の道を選びました。高校卒業後神戸の中華料理店に就職し、その後第一楼で働くようになり、今日にいたります。

◆まさに中華一筋ですね。料理長として、どんなことを大切にしていますか?

最も大切にしているのは、第一楼が受け継いできた“味”を守ること。一方で同じくらい、変化してくことも大切にしています。「どんな工夫をすれば、また来ていただけるか」「第一楼の味を、どう進化させていくか」は、常に副料理長と話しあっていることです。そのためには入社1年目からベテランまで、年齢や経験を問わず良い意見を取り上げていくことが大切だと思っています。

◆料理人として働いた経験がなければ、第一楼で働くことは難しいでしょうか。

そんなことはありませんよ。実際に、高校を出てすぐに第一楼に来た方もいます。入社後はまず、野菜の皮むきや魚の下処理など、料理の基礎となる部分を学び、包丁の扱いをおぼえます。次は賄いをお任せします。ここで味付けを学ぶと、炊き場や前菜などを本格的に任されるようになります。こういった一つ一つのステップを踏んで、料理人としての基礎をしっかりと身につけてください。そうすれば時代や環境が変わっても、どこでも活躍できる料理人になることができます。

◆それが本物の料理人、ということですね。

私が料理人の卵だった時代は、「見て学べ、盗め」という風潮が強く、人から教えてもらうということがあまりなかったように思います。でも、現代はそうではないですね。新しく入る方には、料理人として大切なことをたくさん伝えていきたいと思っています。中華料理は1人の料理人だけで完成させることはできないので、チームワークを大切に、和気あいあいと働ける職場でありたいと思っています。

田中博勝
チーフ
接客の仕事は、正解もゴールもない。だから、ずっと続けていけるんです。

◆大学時代、第一楼でアルバイトを始めたときのことを教えてください。

大学では料理と全く関係ない、経済学を学んでいました。アルバイト先に第一楼を選んだのは、家と大学のちょうど中間にあって、通いやすいなと思ったこと。当時は裏方を希望していました。第一楼が初めてのバイトでしたし、接客なんてできるわけないと思って。ですがあいにく裏方の募集がなく、「いつでも裏方に回してあげるから、まずはホールをやってみないか。」と言われたんです。じゃあ少しやってみよう、と始めてみたところ、意外と性に合ったんですね。自分だったら絶対選ばない道を、先輩に見出してもらいました。人生ってわからないものですね。

◆思い切って接客の世界に飛び込んでみて、どうでしたか?

第一楼は歴史のあるお店なので、親子三代、四代で来て下さるお客様がいらっしゃいます。そういったお客様を僕のせいでがっかりさせてしまわないために、最初はすごく気を遣いました。今思えば、最初に選ぶアルバイトとしてはかなりハードルが高かった(笑)。それでも今日まで続けてこれたのは、近くでいつも先輩が見てくれていて、何かあった時にはサポートしてくれるからですね。

◆大学卒業後、そのまま第一楼に入社したとのことですが…?

僕もみんなと同じように就職活動はしていたのですが、ある日社長から「うちで正社員になってみないか?」と言われたんです。思い返せばアルバイトとして働いていた3年間が、長い長い面接だったようなものですね。店の仲間はもちろんお客様まで、僕が社員になったことをとても喜んでくださいました。もしあのとき他の企業に就職していたら、社会人のスタートはもっと不安なものになっていたかもしれません。

◆この時の選択が、その後の人生の方向を決めたわけですね。

あのとき、第一楼を選んでよかったなと思っています。この仕事は正解もゴールもない、つまり飽きるということがないんです。「このお客さんは、話をしたそうだな」とか、「今日は話より料理を楽しんでいただこう」とか、たくさん考えることがあるんです。
第一楼はこれからも、アルバイトの方を社員として登用していきたいと考えています。僕は入社当初本当に先輩に世話になりましたが、今度は僕が、若い方のサポートをしていきたいなと思っています。

採用情報

仕事内容
調理師
勤務地
兵庫県神戸市
勤務時間
シフト制(シフト例 ①09:00~20:00、②09:00~15:00、③17;00~20:00)
給与
16万8000円~
待遇・福利厚生
昇給あり、雇用保険、社会保険、社員割引、食事手当(5000円あり)、交通費全額支給、残業代全額支給
休日・休暇
週休2日、年間休日:105日、夏季・冬季休暇あり(有給休暇を充てています)
こだわり
残業少なめ、高卒が活躍、転勤なし、面接試験のみ

企業情報

設立
1947年
代表者
白崎 利明
資本金
4000万円
従業員
34名
事業内容
北京料理店
所在地
神戸市中央区江戸町94

新着情報

ページTOPへ戻る